インナーマッスルと骨盤矯正の関係

骨盤矯正と聞くと、骨盤矯正用のクッションや骨盤を固定して矯正するようなベルトを使用したり、整体院やエステで骨盤矯正してもらうことを思い浮かべる人が多いのではないかと思います。

しかし、骨盤矯正をして歪んだ骨盤を元に戻したとしても、そのままにしていては結局また骨盤に歪みが生じてしまうことをご存知でしたか?骨盤を元の位置に戻すだけでは駄目なのです。

インナーマッスルという言葉を一度は耳にしたことがあると思いますが、このインナーマッスルが骨盤矯正と関係があることが最近では少しずつ注目され始めてきました。

骨盤を矯正したとしても、骨盤を支えている周囲のインナーマッスルの筋力が低下していては、先程もお話したように、また骨盤に歪みが生じてしまうということなのです。

インナーマッスルを鍛えることで、骨盤を支えるだけでなく、実はダイエットにも効果があります。インナーマッスルを鍛えると、脂肪が燃焼し、痩せやすい体を作ることができます。

鍛えると聞くと、毎日筋トレを行わなければいけないようなきついイメージがあるかもしれません。でも、インナーマッスルを鍛えるのは、自宅でも簡単にできます。

まずは、左右の足を肩幅程度に開き、軽く膝を曲げて腰を落としてください。そのままの体勢で、フラダンスをイメージするような感じで腰を左右にユラユラとゆっくり動かします。左右に動かしたら、今度は前後にゆっくりと動かして終了です。

無理に大きく動かす必要は全くありません。自分で気持ちいいと感じる程度に、ゆっくりと動かすだけで、インナーマッスルを鍛えることができるのです。

Copyright 骨盤と姿勢 2017
Shale theme by Siteturner