出産によって骨盤が大きくなる

出産後に、以前履いていたズボンが履けなくなったなんてこと、よく聞きますよね。これはお腹の中に赤ちゃんがいることによって、骨盤が大きく前に傾斜してしまっているからなのです。

骨盤は妊娠していなくても、通常は一日中、開いたり閉じたりを繰り返しています。

しかし、妊娠して出産が近づき、お腹が大きくなるにつれて骨盤も大きく開き、出産時には赤ちゃんが通るため、さらに大きく開くと言われているのです。

妊娠・出産によって骨盤が歪んでしまうことが原因となって、腰痛や肩こりを感じたり、太りやすくなったりすることも多いでしょう。それだけでなく、足のしびれやむくみ、冷えなどの症状がひどくなることもあります。

そのようにならないためにも、産後に骨盤の歪みを元に戻すことはとても重要なのです。

骨盤の歪みを元に戻す方法は色々と紹介されています。

でも、産後は赤ちゃんの育児で体力的にも精神的にも大変な時期ですから、整体院に通ってみるのもいいと思います。

実際、産後に骨盤の歪みを矯正された方に話を聞いてみると、やはり、整体院やカイロに通って専門家にサポートしてもらうのがいいとのことでした。

整体院などに通う時期としては、産後1ヶ月は避けた方が良いでしょう。

産後1ヶ月は、体が産前の体に戻ろうとして、自然と矯正を行う大事な時期です。この時期に無理矢理体を元に戻そうとすると、全身のあらゆるところに影響を及ぼす可能性があります。

産後は通常よりも骨盤が歪みやすい状態になっているので、痛みなどの症状が出た場合、放置するのではなく、早めに整体院へ行って矯正してもらうことをおすすめします。

Copyright 骨盤と姿勢 2017
Shale theme by Siteturner